WHICH COFFEE MAKER
IS THE BEST FOR ME?

コーヒーメーカーの選び方
KV Melittaロゴ

コーヒーメーカー選びに迷ったときの
3つのポイント。

「コーヒーメーカー選びに迷っている」
「選び方が分からない」という人のために、
なにを基準に選ぶべきか、
選び方のポイントをご紹介します。

コーヒーメーカーイメージ画像1

POINT 01

豆から淹れる?粉から淹れる?

お湯を注いでコーヒーを抽出するドリップタイプのコーヒーメーカーには、豆を自動で挽いてコーヒーを淹れる「全自動コーヒーメーカー」と、
コーヒー粉から淹れる「コーヒーメーカー」の2種類があります。

あなたのライフスタイルにフィットするのは、どちらのタイプ?

豆を自動で挽いてコーヒーを淹れる
「全自動コーヒーメーカー」

全自動コーヒーメーカー
  • 挽きたて、淹れたての本格コーヒーを愉しみたい方
  • ミルを持っていないが、コーヒー豆からコーヒーを淹れたい方
  • 【ポイント】
    • 必要なときに必要なだけ、コーヒー豆から淹れられる

    コーヒー粉から淹れる「コーヒーメーカー」

    コーヒーメーカー
    • コーヒーを粉で購入し、手軽にコーヒーを愉しみたい方
    • よりコンパクトなコーヒーメーカーをお探しの方
  • 【ポイント】
    • コーヒー粉は、豆に比べて酸化しやすいのでコーヒーの味に影響がある

    全自動コーヒーメーカーを選ぶときには要確認

    ➀「ミルの構造」もいろいろ。

    ミルにも種類があります。
    「コニカル式」か「フラットディスク式」が
    オススメです。

    ミルの構造

    全自動コーヒーメーカーを選ぶときのポイントの1つは、ミルの構造です。
    コーヒーの挽き目はグラインダーによってその均一さが異なります。挽き目とは、挽いたコーヒーの粒の大きさのこと。大きいものから小さいものまで、挽き目の大きさがバラバラだとコーヒーの抽出度合いもバラバラになってしまいます。つまり、いつも均一の大きさで挽けるグラインダーであれば、安定したおいしさのコーヒーを愉しむことができるのです。
    その安定した挽き目を実現するのが、業務用のプロ用途でも用いられている精緻な「コニカル式」か「フラットディスク式」構造のグラインダーです。さらに「コニカル式」や「フラットディスク式」のミルであれば、ミルからコーヒーの粉の通り道を簡単に掃除できるという点も大きな利点です。

    「コニカル式」か「フラットディスク式」。いずれかの構造を持つグラインダー搭載の全自動コーヒーメーカーを選びましょう。

    ➁必要なときに必要な分量だけ。

    コーヒーホッパー内に
    コーヒー豆を溜めておくタイプのほうが、
    手間がかからない。

    全自動コーヒーメーカーの利点は挽きたてのコーヒーを淹れること。しかし、それ以上にコーヒーホッパー内にコーヒー豆を入れておくだけ、という手軽さも大きな魅力です。その際に確認したいポイントは、コーヒー豆を入れるホッパーがコーヒー豆を保存できるタイプかどうかです。コーヒー豆を保存できるタイプのコーヒーメーカーは自動でコーヒー豆の量を計測して、コーヒーを淹れてくれます。そのため自分でコーヒー豆をいちいち入れる必要がなくなるのです。

    全自動コーヒーメーカー
    「アロマフレッシュ」シリーズが
    支持される理由

    アロマフレッシュ
    • プロ仕様の「コニカル式」ミルを採用。
    • 細かな味の要望にも応えられる、3段階の挽き目に対応
    • 豆を保存できるホッパー
    • メリタ独自のコーヒー抽出規格「メリタゴールドスタンダード」に基づいた設計だから、いつでもゴールドカップと呼ばれるおいしさを愉しめる
    • 設定した時間に自動でコーヒーを淹れてくれるタイマー機能搭載
    • 最小限の設置スペースを実現した、水を注ぎやすい横付きリムーバブル水タンク
    • 10杯用と6杯用をラインアップ
      アロマフレッシュはこちら
      アロマフレッシュサーモはこちら

    POINT 02

    「抽出温度」と「抽出時間」

    抽出温度はおいしさを大きく左右します。

    コーヒーの抽出

    同じコーヒー豆でも、淹れかた次第でコーヒーのおいしさは変わります。ときには苦くなったり、ときにはうすく感じたり。そんな味のバラつきをなくし、毎日安定した味わいで愉しめるのがコーヒーメーカーの最大の魅力です。抽出時の湯温は味合いに大きな影響を与えます。
    温度帯にはスイートスポットがあり、その温度は90~95℃です。メリタのプロ向コーヒーマシンはすべてこの湯温で設計。温度が高すぎると、コーヒー成分が抽出されすぎる“過抽出”状態になり、苦味が強いコーヒーになってしまいます。一方、温度が低いと抽出が少なくなり、酸味が特徴的なコーヒーになってしまいます。適切な湯温で抽出するコーヒーメーカーなのか、これも大事なポイントです。

    抽出時間は、おいしさの最後の砦。

    コーヒーメーカーのリブ

    コーヒーのおいしさには、抽出時間も大きく関係します。その抽出時間を左右するのが、コーヒーメーカーに装備された「リブ」です。
    リブとはペーパーをセットするドリップ部にある溝のこと。この溝と穴の大きさのバランスにより、どのくらいのスピードでコーヒーが抽出されるのかが決定します。抽出時間が長ければ苦みが強く、短ければ酸味が強いコーヒーになってしまうのです。メリタのすべてのコーヒーメーカーは、この抽出時間も独自規格の「メリタゴールドスタンダード」で徹底管理。いつでもゴールドカップと呼ばれるおいしさを愉しめます。

    POINT 03

    ポットの「種類」と「サイズ」

    ポットの種類は、ライフスタイルに合わせて。

    ポットの種類

    コーヒーメーカーの多くには、グラスポットかステンレスポットが装備されています。違いは保温方法。グラスポットタイプは冷めないようにコーヒーメーカー本体に保温機能が搭載されているものが多く、ステンレスポットはその特性により、抽出後時間が経過しても冷めづらい傾向にあります。ライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

    タイプ
    グラスポットタイプ
    ステンレスポットタイプ
    材質
    ガラス製
    ステンレス製
    保温の仕方
    冷めないように保温し続ける保温ヒーターの
    熱により香り、味わいの変化が生じる。
    抽出後時間が経過しても冷めづらい。
    熱によるコーヒー自体の味の変化が少ない。
    氷を直接入れて、アイスコーヒーを
    作りやすい。

    大人数で飲む場合や常にコーヒーが必要な場合はステンレスポットタイプを使用したほうがよいです。

    サイズは、およそ2種類。

    サイズ
    5杯用
    10杯用
    枚数
    コーヒーカップ(125mL):5杯
    マグカップ:2~3杯
    コーヒーカップ
    (125mL):10杯
    マグカップ:5~6杯
    アイスコーヒーを作り
    やすい大きさ
    コーヒーペーパー
    「1×2」サイズ
    「1×4」サイズ

    メリタでは「1×4」のサイズに最上位のコーヒーフィルター「グルメ」をご用意しております。コーヒーペーパーが変わるだけで味わいが変わりますので、10杯用のコーヒーメーカーをご使用の際はぜひ使ってみてください。

    家庭用コーヒーメーカーは大きく10杯用と5杯用に分けることができます。ここでいう1杯はコーヒーカップのサイズ。従って5杯用であれば、マグカップで2杯~3杯分になります。一方、10杯用はマグカップで5杯~6杯分になり、大人数でコーヒーを飲むときや一日にたくさんコーヒーを飲む方に最適です。
    10杯用と5杯用は、使用するフィルターペーパーのサイズも異なります。一般的に5杯用は「1×2」というサイズ、10杯用は「1×4」サイズのフィルターペーパーを使用します。サイズは同じでも、フィルターペーパーによって味わいも異なってきます。ぜひいろいろなフィルターペーパーをお試しください。

    コーヒーメーカーイメージ画像2

    そのほか、
    チェックしておきたいポイント

    コーヒー粉量と水量

    メリタのコーヒーメーカーは、8gのコーヒーに対して、140mLの水を基準としています。

    浄水機能

    コーヒー淹れる際に適している水は、軟水と言われています。そのため日本の水道水はコーヒー抽出に適しているといわれていますが、さらにおいしく飲むためには、浄水フィルターのようなものでろ過した水を使うのもオススメです。

    CUSTOMER SUPPORT

    より快適に、より⾧くお使いいただくために。

    MORE